尿道炎で発熱 38度越え

    雑談?(電気製品の記事あり)
    05 /24 2019
    少し前の話ですが、尿道炎なりました(汗)
    これまでも、あ~何か尿がしみるーということはありましたが1~2日で治っていたが今回はかなりやばかったです。

    とある土曜日の朝、チ〇チ〇の先端の尿道が腫れていた。こんなの初めてみた。
    取りあえず、ポンタール(鎮痛・消炎・解熱剤)を飲んでおく。
     ポンタールについては文末に。
    その晩、熱が出た。38℃越えな感じで酷い寒気で風呂に入れなかった。
    夜に発熱した場合、病院の夜間診療か救急車を呼ぶしか手はない。
    怖くて体温測れませんでした。下手に知るとメンタル的にやられそうな感じがしたし。(無論正しくない)

    次の日は日曜で当然病院は休み。
    薬のせいか多少落ちついたので熱を測ってみると37.5℃。
    ということは、昨夜は38℃超えてたかも(汗)
    チ〇チ〇の痛みは先端から真ん中辺に移動した感じ。

    月曜、さらに熱は下がったがチ〇チ〇の痛みはあまり変わらないかな。
    う~んどうするかな。

    火曜、オシッコしたら1mm位のツブツブが多数出た。ツブツブはあえて言えば細かくて黒っぽいフケのような感じ。
    こんなこと初めて。これはかなりヤバいでしょ。
    これは病院に行かなくては治りそうもない。
    近所の総合病院の泌尿器科が今日は午後だけやっている。これは行くしかない。
    泌尿器科行くの初めて。チ〇チ〇見られるのかな?
    まぁこの年齢になると痔の検査でケツの穴に指突っ込まれていたりして既に恥ずかしいことは無くなっている?けどね。

    で、病院は待たされるのが常なのでこの間にトイレに行った。
    が、これが失敗。
    ナースが私の名前を呼んで、検尿カップに半分くらい入れて下さいと言った。
    いや、本当にたった今行ったばかりで無理です、と言うと「泌尿器科は検尿が基本です。出せるだけ出して下さい。」とのこと。何とかトイレでちょっとだけ出した。(ツブツブ入り)

    しばらく待って診察するとかなり悪性の細菌に感染しているとのこと。
    どこで感染したか色々聞かれたが身に覚えがなく不明。
    更に内蔵に「石」がありますかとも聞かれた。
    いや、ないです。でもあ~肝臓にあったかもと話した。
    超音波エコーで膀胱と腎臓付近を調べられたが無し。
    他に何かありますか、というので38度位熱が出たと言ったら、有りえますとのこと。どんな菌に感染したんだ???
    チ〇チ〇は見られませんでした。外側から見てもチ〇チ〇が大きいか小さいかしか分からないし当然か? 書き忘れましたが前もって問診票で詳しく症状を記入しました。

    最終的には抗生剤処方されて、1週間後にまた来て下さいとなった。
    但し、今回詳しく調べられなかったのでオシッコを溜めてきてください、と。

    それで、1週間後オシッコを溜めていった。
    しかし、そんなに丁度良く溜まらないし、予約なのだが時間当てにならずちびりそうだった。
    それで、菌は無くなっており治療完了です。何かあったら来てください。で、あっさり終わり。
    え・・・じゃあ折角なん前立腺肥大症の(血液)検査してもらいたいんですけど。(年齢的に検査した方が良かったがやったことがなかったので)
    あぁ、普通の大きさでしたよ。
    え? いやまだ・・・
    先週エコーでみたら正常でした。
    と、これもあっさり終わり。検査費用浮きました。

    それにしてもどこで感染したのかな?
    発症する4日前にいつもは行かかないところに行ったが汚いところではなく不明。

    そしてチ〇チ〇の先端に直接触れる訳でないのになぜ感染するか?
    考えてみたのですが、
    汚れた手でチ〇チ〇に触る、チ〇チ〇をパンツの中にしまう、
    雑菌がパンツの内側に付く、そこにチ〇チ〇の先端が触れ感染する。
    実際、今回先端から痛くなってきたんですよ。
    そしてだんだん奥の方へ...この先タマタマの方まで行ったらヤバイというのも病院に行った理由です。
    理想的にはチ〇チ〇は殺菌した手で触りましょう、ですがそうもいかないので、なるべく細目に手を洗うようにするしかないかな。(私はトイレ行ったら必ず手を洗っています。)

    教訓
    ・尿道炎で高熱を発することがある。
    ・泌尿器科では尿検査があるのでオシッコを溜めて行きましょう。
    ・尿道炎予防の為、手は細目に洗いましょう。


    ポンタール
    pont.jpg 箱の厚さ52mmです。
    商品名:ポンタール 成分:メフェナム酸 製造・販売:第一三共
    この薬、数年前までは市販薬があったのですが今は売っていない。
    ただ医療用には作られているのでそれを行き付けの薬局で売ってもらっている。
    つまり、医療用が市販薬にしてよくなったが売れなかった。
    100カプセル、税込み3300円。(市販薬は20カプセル、1100円だったのでかなり安い。)

    薬剤師が売ってくれるというので買っているが基本医療用なのでグレーゾーン。
    通販でも売っているがこれは薬剤師が絡んでいないのでダークかもしれません。

    何でそこまで薬にこだわっているかと手に入る消炎剤の中では最強だからです。
    つまり、処方箋が必要な抗生物質以外で入手できる最強の消炎剤です。でも抗生物質にはかなり劣るのであくまで病院がやっていないときの緊急用です。
    薬剤師に聞いても他にはないとのこと。20年以上使っています。
    痛み止めとしてはロキソニンSが最強かも知れません対処療法。
    但し、インフルエンザ時に飲むとインフルエンザ脳症になる可能性があるので注意。

    100カプセルもどうするのかと思うかもしれませんが結構便利なんですよ。
    ちょっと熱があるが風邪薬を飲むほどでもないし風邪薬は便秘になるので嫌な時の解熱が多い。(これは本当に便利)
    今回のような尿道炎、外耳炎や歯茎の炎症時の消炎。(抗生物質にはかなり劣るので基本的には病院に行くこと) 肩こり(薬剤師談)
    鎮痛・消炎・解熱剤なので要は取りあえずの時に広く使えるのです。
    →あくまで薬で個人差があるので万人には保証はできませんので自己責でお願い致します。

    説明書抜粋
    【効能・効果】
    ①手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解
    ②下記疾患の消炎、鎮痛、解熱変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛(他剤が無効な場合)、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛
    ③下記疾患の解熱・鎮痛急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

    【用法・用量】 250mg=1カプセル
    効能・効果①・②の場合
    メフェナム酸として、通常、成人 1 回500mg、その後 6 時間毎に 1 回250mgを経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
     補足:1日4回飲めるので寝る前にも飲めるということ
        1日3回の薬だと晩飯から次の朝まで12時間位空く。
    効能・効果③の場合通常、成人にはメフェナム酸として、 1 回500mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    ただし、原則 1日2 回までとし、 1 日最大1500mgを限度とすること。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
     補足:1日最大6カプセル飲めるということ
        ただ、初めての場合は朝、昼、晩、寝る前の4カプセルにしておくのが
        安全だと思います。

    余談
    その後、今度は耳が痛くなって耳鼻科に行った。
     免疫力落ちているのかな?
    外耳道なんたらかんたらと病名を言われたが多分外耳炎。
    何か薬を飲んでいるかと聞かれたのでポンタールと答えたら、薬は出すけどポンタールでもいいと言われた。
    出された薬で下痢が続き肛門をやられたので結局ポンタールを飲んだ。
    ポンタール便利です。

    以上
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    Friendship 7

    浅く広くのハード屋です。 コメントへの返信は期待しないで下さい。非公開コメントは停止しており、不適切なコメントはFC2ではじかれます。
    リンクフリーですが盗作は禁止です。
    本ブログの内容を参考にされる場合はあくまで自己責任でお願い致します。