BRAUN シェーバー 5887 電池交換 2

    電子工作
    02 /18 2018
    記事の更新が遅れており申し訳ありません。
    1ヶ月以上経つのですがシェーバーの電池が切れないんですよ(汗)
    無駄に持ち過ぎです。 あと数日だと思いますのでしばしお待ちください。
    あ、でも大した内容じゃないような気が...


    そして1週間経ちましたが、まだ電池が切れません。m(_ _)m
    Braun5887_10.jpg
    ランプ1個で2週間以上動いています。以前なら数日で赤になり、赤で1回使うと回転が急速に落ちて充電だったのですがこの感じだと赤になっても数回使えそうです。
    もう永久に切れないんじゃないかとか原子力電池を積んだっけとか困惑しています。 今までの経験が全く役に立ちません。(当然か)
    元の電池(ER160L2507N?)はかなり容量が少なかったようです。
    2000mAhで今日で7週間動いています。もとは2週間チョットでした。

    折角なので?雑談
    原子力電池が正確にはRTG(Radioisotope thermoelectric generator)です。 原理的には放射性物質が発生する熱を電気に変えるというシンプルなもの。
    (正確には放射性物質が発生するアルファ線が物に当たって発熱する。)
    (核爆弾も微かに暖かいらしいので有事の際は触って区別して下さい? 機密保持の為にマークはないはずです。)
    ただ、ロケットの打ち上げに失敗したときに放射性物質をまき散らす恐れがあるので強度が必要でそう簡単には作れません。
    形状は黒い円柱に多数(普通8枚)の放熱フィンが付いているのですぐに分かる。何十年も使えるものもある。
     例えばボイジャーは40年以上も動いている。最近、軌道修正を行った
    以前は木星の観測衛星にはRTGが必要でした。 それは太陽光の強さが遠日点で地球の1/30(火星は1/2.8)しかないため太陽電池が使えなかったからです。
    最近は木星までなら太陽電池で動かせ通信できます。 但し、その技術と通信設備があるのはアメリカだけですけどね。
     因みにはやぶさ (探査機)が行った小惑星イトカワは遠日点で火星と同等です。
    それと、宇宙基地の電源にもRTGを使うはずです。(寒いので火星でも。月は微妙だがRTGを使った方が重量的に楽か。)
    日本でRTGは...アメリカに売ってもらうしかないかな?


    やっと電池が切れました。
    9週間(ちょうど2か月)持ちました。
    これからすると元の電池は500mAh位です。
    1000mAh位だと思っていたので1ヶ月で済むと思っていました。
    2か月持つメリットは見いだせません...(長期間の旅行にしても長すぎる)

    追記

    使用時間を気にせずじっくり剃ることができます。
    これは気分的にかなりいいです。
    以前だと時間を気にして剃り、後から剃り残しに気が付くことがありました。
    追記終わり

    前回の記事で400mAで1h(時間)充電だと書きましたが、それだと充電効率を加味しての容量は300mAh弱と合わない。
    説明書を読み直すと、1h充電で50分使用可能(約2週間)とあるだけでフル充電とは書いていない。
    また、半年ごとに電池を使い切って4時間以上充電するようにとあった。
    どうも1hではフル充電にならないようで実用的な充電時間のよう。
    実際、長時間充電した方が最初に使った時にモーターの回転数が速い。

    という訳でまあ最大500mAh位かな。

    今後何年使えるか?
    ReCyKo+の充電回数は数100回~約1000回と幅が広い。(JIS規格でない独自の充放電条件なのだろう。) 常識的に考えると?最小の数100回はフル充電・フル放電。数100回の最小は200回。
    今回の結果から9週間、寿命中間で6.75週間持つとすると、1年での充電回数平均は365/7/6.75=7.7回
    充電回数200回で計算とすると25.7年。
    いや~シェーバーが持たないでしょう。電池自体も持たない。(私も持たない?)

    つまり、2000mAhの電池を使うのはオーバー・スペックだったようです。(今更か) 充電時間は最大7.5時間位になるはずです。(ちと長いな。充電時間が長くなることを考えていなかった...)

    充電時間を考えると1000mAh程度までの電池にした方が良かったようです。
    エネループライト(950mAh)とか、100均の充電池も容量的には良い(1300mAh)。 だだ、100均のは急速充電すると寿命がかなり短くなり(元々未保障)、500mA位の充電で50回強位しか持たない感じです
    それでも3年位は持つかもしれませんが、急速充電による水素ガスの発生が心配です。
    ニッケル水素充電池を使った時点であるリスクですが、このシェーバーは防水=完全密閉なので心配です。
     モーターやスイッチが防爆型で密閉されていれば(火花の)問題はない。
    従って、急速充電に耐える信頼できるニッケル水素充電池にした方が良いでしょう。

    パナソニックの充電器の説明書をみるとエネループ・ライトで1C充電もOKなようです。(寿命への影響は不明)
    エネループ・ライトした方が充電時間的に使い勝手が良かったようです。(3~4時間で充電完了)
    ただ、エネループ・ライトは大電流で使用だとエネループに比べてわずかに電圧が低いようなので髭剃りに少し時間が掛かる可能性があります。(ただ、恐らく分からないでしょう。)

    それと書き忘れましたが防水パッキングが付いているのですが、ゴミや埃に注意しないで分解・組み立てをしたので防水性能は低下していると思います。
    私は水洗いしないので問題ないです。


    さて、完全に放電したので充電してみる。
     前回、充電済みの電池を入れたのに不審な動作だったので心配です。

    あ~やっぱりランプ上は1時間でフル充電になります。
    使ってみるとランプはフル充電ではない。
    基本的には電池の電圧をみてランプを点けるが、充電中のランプはタイマーのようです。 この方法だと電池がへたった時でも見かけ上は充電がきちんと終わったように見えるし、不良品扱いで充電できないといことがない。

    また、シェーバーとACアダプタが以前より熱くなる。
    以前より長時間大電流が流れるのでしょう。 2時間くらいで冷える。
    まあ、適当な時間充電してフル放電させないようにして使えばいいでしょう

    たわいもない話で長らく引っ張ることになり申し訳ありませんでした。

    以上
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    Friendship 7

    浅く広くのハード屋です。
    コメントへの返信には過大な期待をしないで下さい。 非公開コメントは停止しております。 不適切なコメントはFC2で自動的にはじかれます。
    リンクフリーですが盗作は禁止です。
    本ブログの内容を参考にされる場合はあくまで自己責任でお願い致します。