エアコンの吹き出し口から大きな音

    エアコン
    11 /12 2017
    エアコンの(クロスフロー)ファンの回転数が上がるとファンからの異音がとてつもなく大きくなりうるさいという症状がでた。 しばらく前から出ては治るを繰り返していたが流石に限界に達した感じ。
     なんか最近こんなのばっかりでいいことないな~(泣)

    ファンの回転数が低いとキュルキュルと擦れる感じの音なので軸受けだろうなと思ったが振動がファン全体に伝わってかイマイチはっきりしない。
    軸受けはケースの内側にあるのでKURE 5-56をプシュっという訳にもいかない。
     追記そもそもプラ・ゴム・樹脂の劣化・変色の恐れがあるため、5-56は金属以外に使ってはならない。

    サービスセンターに電話した。 東芝エアコンの東京多摩地区ではサービスセンターで日付は決まるのですが、何時に来るかは当日担当者が9~10時に電話するという面倒なシステムになっています。 (以前から)
     なお、ネットからの修理依頼もできます。

    来てもらって症状を見てもらったら軸受けですねとのこと。 (症状と軸受けだろうとは伝えていた)
    カバーを外して、内部の左側面のプラスチック板を軸受けごと外した。
     ファンを外さず軸受けを交換できるようになっているということ。
     軸受けは直径4cm位のゴムブッシュの中心に一体成形してされておりファンの振動が伝わらないようになっていた。

    「あ~シリコングリスが乾いてますね」と言っていた。 ブッシュ毎軸受けを交換した。
    普通に使っていても古くなるとたまにあるとのこと。
    エアコンクリーニングのことも聞いてみたが洗剤、カビ防止剤等で流されることもあるとのこと。
     流されるってそんなに粘度が低いのか、単なる言葉のあやか?
    ばらして交換して戻して作業時間15分弱で撤収。速っ。

    出張費込みで一万円、うち部品代は450円。

    ついでに東芝エアコンの不満点
    吹き出し口のルーバーの角度がリモコンで一発で決められない。(全機種かは不明)
    角度調整はリモコンのボタンを押度に少しずつ上下させて目視で合わせる。
    この為、一番上と下で行き過ぎてしまいイラっとするのです。
    完全に水平まで上がらないし 真下までも下がらないので どこまで行くのか分かりにくいし 
    ルーバーが湾曲しているのでさらに感じが分かりにくいんですよ。

    その点パナソニックのは5段階だがリモコンで決められる。(全機種かは不明)
    タイマー予約で朝は下向きにする時などに便利。

    追記
    因みにうちの場合、風量の切り替えは東芝4段階、パナソニック5段階です。
    風量を自動にする場合はどちらも変わりませんが手動で風量を調整する場合、東芝はわずかに荒いかなという感じがします。
    個人的にリモコンは?パナの方がいいです。
    追記終わり

    それにしても去年エアコンクリーニングしてからファンの右の軸のモーターが壊れ、今回は左の軸受けがいかれた。 やはり去年のクリーニングのオヤジにやられたかな。

    エアコンクリーニングにはリスクがあるということがこの記事で言いたかったことです。

    なお、エアコン関係の記事が増えたので雑談から一つのカテゴリとして分離しました。
    増えないことを祈ります...

    以上
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    全機種かも…

    > エアコンクリーニングにはリスクがある

    軸受は解放状態なのでしょうかね。
    徹底したクリーニングは費用がかかる上に故障原因を作り出す可能性もあることが分かって良かったです。

    > 吹き出し口のルーバーの角度がリモコンで一発で決められない。
    > 一番上と下で行き過ぎてしまいイラっとする

    我が家でこれまでに購入した東芝製数台が同じだったので「全機種」かもしれません。

    Re:全機種かも…

    軸受けの穴が黒いプラスチックぽかったので すべり軸受だと思います。 安いのが一番ですが振動が少ないからではないでしょうか。
    東芝エアコンのルーバーの角度はやはりそうなんですね。
    リモコンの送信コードを途中から変える訳にはいかないので そうではないかと思っていました。

    Friendship 7

    浅く広くのハード屋です。 基本的に弱電ですが強電も多少分かります。
    コメントへの返信には過大な期待をしないで下さい。 非公開コメントは停止しております。 不適切なコメントはFC2で自動的にはじかれます。
    リンクフリーですが盗作は禁止です。
    本ブログの内容を参考にされる場合はあくまで自己責任でお願い致します。