ダイソー 5LEDスタンドを改造

    電子工作
    10 /13 2016
    色味の改善の為に中央のLEDを帽子型の8000k 3素子品に交換する改造です。

    交換するLEDは秋月で以前買ったもので現在は製造中止で在庫のみのようです。
    4.8mm 3チップ゚白色LED 帽子型3Vタイプ 60mA OSWX4E56F1A
     
    回路図
    5led_stand21.png
    LED電流は電池での動作時間のため改造前と同じくらいにします。
    結果的に5Vでも安全に動作しますが、DCジャックを付けるのが意外と面倒なので付けていません。 電池専用でもっと電流を流したければR1 10Ωは無くても構いません。

    再度PWBを固定するのに使う為にPWBを固定しているプラ2か所はコテで溶かして外した。
    5led_stand15.jpg

    ここで個人的な興味からLEDを全部外してVfを測ってみた。 電流は20mA*80%の16mA。
    ついでに交換する3チップ゚のも測ってみた。60mA*80%の48mA。
    自作の電源でLEDの逆耐圧以下の4.5V位に設定して、LEDを繋ぎ、自作の電子負荷で目的の電流が流れるように調整して測った。 (電子負荷に微調整のVRを付けていてよかった~)
      Vf実測 (V)
      4000k 8000k
      16mA時 48mA時
    1 2.81 2.92
    2 2.82 2.93
    3 2.82 2.97
    4 2.82 2.94
    5 2.82 2.93
    6 -  2.86
    7 -  2.87
    8 -  2.84
    9 -  2.86
    10 -  2.85
    付いていた4000k?のLEDのVfは選別したみたいに揃っている。
    追加のLEDはそれなりにばらついている。 一番低い2.84Vのものを使った。

    5led_stand17.jpg5led_stand18.jpg
    触って発熱を感じるのは交換した中央のLEDだけだった。
    基板の上に熱が籠らないように抵抗はわざと外したがそこまでしなくても大丈夫そうである。
    LEDのハンダ付けが汚いのはLEDの位置決めの為に1度ハンダを溶かした為。
    LEDを外さなければこうはならない。

    5led_stand22.png
    電流は改造前とほぼ同じ。 4.5Vで88.7mA。
    電流約1/4の3.5Vまではそれなりに使えそうなのでニッケル水素充電池を使ってチョット(パソコンのキーボード等を)照らすのにも使えそう。 (但し、過放電に注意)
    例えばエネループ ライト 950mAh 約5000回充電可能 で推定 約24時間。

    光の様子
    5led_stand19.jpg5led_stand20.jpg
    写真はホワイトバランス昼光で撮影した。 色味の問題はなくなった。
    右は影の様子。 使い古しの消しゴムで先端は多少変質しています。
    目視で白は白く見えるのだが写真ではやや黄色がかっている。
    左の消しゴムがライト直下10cm位。 影は黄色と青みがかったものが出ており予想通り。
    距離が離れれば影響は少なくなる。 (勿論地図等の平面では問題ない。)

    5V用のDCジャックはライトのプラがポリプロピレン(PP)と思われ専用の接着剤が必要だし、真っ平な面がないので厳密にいうと接着できない。
     ポリプロピレンがつく接着剤としては GPクリヤー がある。
     ダイソーでも売っているのを確認した。(買わなかったけど。)
    きちんとやるならDCジャックをPWBにつけてそれをねじ止めする必要がある。
     
    それとフレキシブルアーム内の配線は片道0.45、0.48Ωと高かった。(電圧降下で確認)

    以上
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    Friendship 7

    浅く広くのハード屋です。
    コメントへの返信には過大な期待をしないで下さい。 非公開コメントは停止しております。 不適切なコメントはFC2で自動的にはじかれます。
    リンクフリーですが盗作は禁止です。
    本ブログの内容を参考にされる場合はあくまで自己責任でお願い致します。