ダイソーのIC50互換インクカートリッジ 200円

    パソコンと周辺機器
    12 /19 2015
    ダイソーでエプソンのIC50BK互換インクカートリッジを買った。
    何せ200円(税別)なので理性を失い衝動買いです。(ネット通販ならもっと安いのがある。)
    それでも発色の問題が少なそうな黒だけにした。 (試しということもある。)
    daiso_200_ink01.jpgdaiso_200_ink02.jpg
    凄いものが出たものだと思って家に帰って調べて見たら3年程前から売っているようだ。orz
    だが私がここ3年程利用している2件のダイソーでは初めてみた。
     種類は少ないが詰め替えインクは売っている。
    ネットの記事の数も少ないようであまり売っていないのかもしれません。
    ネットで調べた限りでは問題はないようである。(発色は別)
    ずっと使っていて売らなくなったの困ったという人もいた。
    ただ、発色が(少し青に?)ずれるのでで黒だけしか使っていない方もいた。
    想像だがプリンターメーカー毎に色を調整することはなく染料が全て同じなのかもしれない。 黒だけを使うのが無難かもしれない。

    このインクちょっと面白いのはパッケージの裏の上部に「推奨期限」が書いてあること。
     買ったものは2017.11.30だったので約2年。
    また、中に入っている説明書によると開封後の使用期限は1年と長い。(一般的には6ヶ月)

    気になったのが保管温度で5~40℃なこと。 上限の40℃は普通だが、下限が5℃。 使用温度なら問題ないのだが保管である。 成分が凝固して沈殿でもするのだろうか?
    真冬に室温が5℃以下になる環境では厳密には使えない(劣化する)ことになる。
     そもそも輸送中に温度管理なんてされているのだろうか。
     それとも温暖な地域でしか売っていないとか。
    冬季に普段はここまで下がらなくても旅行でしばらく家を空けるとか、会社なら年末とかの連休明けで建物が冷え切る場合もダメそう。 このインクが安心して使えるのは南関東以南かなという気がします。 安いインクの弱点は発色、対候性の他に低温に弱いことかもしれない。

    因みにエコリカの説明書には40℃以下とあるだけで下限は分からない。
    エプソンの純正インクは不明だがプリンター(EP-803A)の総合仕様で保管温度は-20~40℃となっている。 この条件で最初のインクが付属してきたのでインクの保管温度も同様と考えられる。 だとすると純正インクは保管温度に関しては流石である。 (というか普通そうでないと日本中で売れない)

    なお、エプソンでは印刷に適切な環境は紙も含めて温度:15~25℃、湿度:40~60%となっている。 従って冬季は室温が15℃以上に上がってからさらにプリンター内部のインクが暖まってから(2時間位?)印刷した方がよさそう。
     印刷自体は温度10~35℃、湿度20~80%でできる。

    製造元はJapan Inkというメーカーで対応プリンターはそちらを参照
    ダイソー向けに他にキャノン、ブラザーのリサイクルカートリッジも作っているようだが今回私が行った大きな駅の駅ビルのダイソーではエプソンのIC50互換だけだった。
     近所のスーパー2Fのダイソーにはなかった。
    このカートリッジで不具合が起こった場合の保障は説明書の文面からするとインクカートリッジだけでプリンターは含まれないように読めます。 (まあ、そうだろうな。)

    追記 2016.06.05
    使い始めた。 問題なく認識された。
    それどころか純正品ではありませんというメッセージが出ない。
    チューブのなかに以前のインクが残っているはずなので印字品質はまだ分からない。
    追記終わり

    追記2 2016.08.25
    カラーパターン、文字でも問題なく、黒が薄いということはない。
    あくまで黒の場合です。 (少なくとも印刷後1ヵ月は問題ないのを確認。)
    詰まりや乾燥も問題ない。
     週一でノズルチェックパターンを印刷している場合です。
    また使いたいかといえば使いたい。
    他の色は退色やカラーバランスの懸念があるので使おうとは思わない。
     100均インクは3か月もすると酷く退色するというHPもあるし。
     ただ、1ヵ月等程度持てば良く大量に必要なチラシみたいなものでは有用だろう。
    モノクロでの大量のコピーにはいいのではないかと思う。
    うちも印刷よりもモノクロ コピーが多いので結構助かっています
    追記終わり

    追記3 2016.09.15
    ついでにダイソーのコピー用紙(G134、No.46)の情報。
    薄い黄色の帯?が付いたもの。 A4 100枚で100円。
    白色度87%、蛍光灯・自然光でで変な白になること(蛍光性)もなく問題ない。
     
    ただ、かなり薄い。 仕事とかで何十年もコピー用紙を使ってきたがこんなに薄いのは初めて。
    勿論、向こう側が透けて見える程ではない。
    新聞に入ってくる写真印刷された光沢でペラペラのチラシとか、雑誌の写真のページより少し厚いくらい。
    裏に印刷がかなり透けるので裏紙とかメモ用紙に向かない。
     インクジェットプリンターで使うと滲む場合がある と注記がある。
      ただ、エコリカや、ダイソーのこの黒を使った限りでは特に問題なかった。
     また、全ての印刷機での印刷を保証するものではない ともある。
      古くなって給紙をミスりがちの機器ではNGかも知れない。
     
    再生紙ではないもよう。

     2017.03.14 青い帯の付いたNo.50を見かけた。
           持った重さはNo.46と変わらないし白色度も87%と同じ。
    追記終わり

    追記4 2016.10.26
    黒インクの2個目を使っている。
     1個目は詰まることはなかった。
     3か月で印刷物の退色は感じられない。(あくまで黒の場合)
    追記終わり

    追記5 2018.3.13
    ただ、IC*50系のインクカートリッジは古いので何度もリサイクルにされているものに当たると少し使ってからICチップが壊れて認識されない可能性が日増しに高くなっていると思う。 実際、最近途中で1個認識されなくなったので、今はチョット賭けかもしれない。
    追記5終わり

    以上
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    Friendship 7

    浅く広くのハード屋です。
    コメントへの返信には過大な期待をしないで下さい。 非公開コメントは停止しております。 不適切なコメントはFC2で自動的にはじかれます。
    リンクフリーですが盗作は禁止です。
    本ブログの内容を参考にされる場合はあくまで自己責任でお願い致します。