初めてオスプレイを見た 静かだった

    雑談?
    09 /16 2018
    家(東京西部 横田基地近く)でふと窓の外を見るとプロペラ機が2機が並んで飛んでいた。 垂直尾翼の形状、機体の大きさからするとグレイハウンド(C-2 艦上輸送機(COD))かな?と思った、が、いやプロペラがデカい。オスプレイだ!!
    (実は60機弱しか作られなかったグレイハウンドの方が珍しい)

    固定翼モードで飛んでいるオスプレイを遠目に横から見ると機体の長さ・翼の位置と形状がグレイハウンドによく似ている。
    (画像が無くて済みませんが家の南側を飛んでいくので逆光だし、遠いので急いで手持ちでズームして撮ってブレブレで何だか分からないと思います。)

    以前から横田基地にオスプレイに来ていることは知っていましたが飛んでいる姿を見たことは無く不思議でした。
    その理由が分かりました。 静かだから。
    航空機は基本的にうるさいので、音を聞いてから外を見ればその姿を確認できると思っていました。 ところが固定翼モードで飛んでいるオスプレイ静かなのです。(離着陸時は分かりません。)
    遠くをトラックがぶ~んと走っている感じだし音が小さく気にならないのです。 今回はたまたま外を見たから確認できました。
    オスプレイ 静か」で検索すること結構な件数出るので間違いないようです。

    ま~それだけの話なんですけどね。

    これだけではなんなので雑学?です。
    空母艦載機はカタパルト射出の際に操縦桿を握ってはいけません。
    カタパルト射出の際には通称タオル掛けというハンドルを右手で握っていなくてはなりません。 そうしないとGで手が引っ張られて操縦桿を引いたまま射出されるかも知れないからです。急上昇して失速、墜落します。

    因みに左手はスラスト(推力)レバーの戻り止めの先にあるアフターバーナーの位置にあるので問題ないそうです。
    言葉では理解していますが実は「戻り止め」は分かりません(汗)

    F/A-18での映像がこちら。YouTubeの埋め込み機能を使っています。音量注意

    なおこのパイロットはヘルメットのバイザーにJHMCS(ジェイヘミクス)と呼ばれるヘルメット・マウンテッド・ディスプレイを付けています。
    これの機能の一例としては側方の敵機を視認するだけでミサイルの照準ができるということです。 空中給油の練習をして空母に着艦します。

    他の発艦動画
    https://youtu.be/uNBYJROsULU?t=25s
    https://youtu.be/QWcyNWl_GwM?t=43s

    以上

    ダイソーのスマホ用タッチペン3種

    雑談?
    08 /17 2018
    100均のダイソーでスマホやタブレット用タッチペン(スタイラスペン)を3種類買ってきました。
     スマホのタッチが上手くできないから。

    (Nintendo 3DS等のゲーム機の感圧(抵抗膜)式用のタッチペンの話ではありません。 静電容量方式のスマホ/タブレット用の話です。)

    導電ゴム、導電繊維、ディスク・タイプのもの。 2か所の店で揃えた。
    電気用品のスマホケースがあるコーナーにあった。
    なお、私は要らないがダイソーのはもれなくボールペンが付いている。


    導電ゴムタイプ No.13  17g ピンク アルミニウム製
    導電ゴムは中空で押すとへこむ。 今回の中では一番重い。
    Touch_pen03.jpgTouch_pen09.jpg
    Touch_pen12.jpg
    最初の記事で誤りがあり、上図を差し替えました。
    ボールペンの芯を抜けば1g軽くなる。

    導電繊維タイプ No.10 10g ゴールドカラー アルミニウム製
    導電繊維は中空で押すとへこむ。
    Touch_pen02.jpgTouch_pen10.jpg
    Touch_pen05.jpg
    導電繊維は押すとクシュとした金属メッシュ感があり表面がざらついている。
    スマホ画面が傷付きそうな感じがするが、コピー用紙をグリグリ擦っても紙の粉は出なかったので一応大丈夫そう。
    背にタッチ部があるのは見た目的に嫌だったが、実際使って見ると大して気にならない。 本体をひねってペンを出す。


    ディスクタイプ No.14  9g ABS樹脂製
    色違いがありピンクっぽい色で女性向けな印象。
    細い線を引くならこのタイプ。
    Touch_pen01.jpg
    Touch_pen06.jpg
    Touch_pen07.jpgTouch_pen08.jpg
    タッチ部と本体の接続が導電ゴムで貧弱。 ボールペンは要らないのでこの接続部にお金を掛けて欲しい印象。


    使用感
    Touch_pen11.jpg
    導電ゴムと導電繊維タイプは画面に軽くタッチするだけでよい。
     凹む程押す必要はない。
    滑りは導電繊維の方が良いが導電ゴムでも全く問題ない。
    導電繊維のは画面の保護フィルムが金属繊維で傷つくようなことは、ぱっと見なかった。

    ディスクタイプはその周囲が当たっても反応せず中心部分をペタッと当てる必要がある。 その代わり狙った部分を確実に押せるのがこのタイプの特徴。
    精密・正確な手書き(サイン、図、絵・イラスト)向きだろう。(ディスクタイプの本来の目的?)
    ダイソーのはディスクと本体の接続が前述したように細い導電ゴムで耐久性に疑問がある。 実際チョット使っただけで癖が付いてディスクが少し斜めになってしまった。
    画面に押し当てた時にクッション感はない。
    キャップを外す必要があるしこれが固くて両手を使うので結構面倒。
    メインには向かないが精密なタッチが出来るのでサブにあってもよい。

    タッチはどれでも安定している。
    ブラウザの表示でリンクが小さくて押しにくい場合にはとても便利
    日頃、一本持って歩くなら軽いし滑りがよい導電繊維タイプかな。
    保護フィルムを貼っていないなどで画面の傷が心配ならば導電ゴムが良いでしょう。

    なお、ダイソーには他に小型で色見から女性向けだなというものがありました。
    先がボールペンで背が確か導電繊維でガラ違いのもの2種類。
    ただ、本体のプラスチックの導通に問題があるのかタッチが不安定という記事を見ました。(私は未確認)

    以上

    ほぼ初めてのスマホ

    雑談?
    07 /22 2018
    ダラダラと長文です。すみません。

    スマホは初めてかというと...実は微妙です。
    以前使っていたのはシャープのAdvanced/W-ZERO3 [es]  WS011SHというPHSでWindows Mobile系のものです。
    sumaho01.jpg
    日本でのスマホの草分け的な機種です。キーボードを引き出すタイプ。
    タッチパネルでペンを使う圧力式。
    2007年発売で日本でのiPhone発売より1年早く、早すぎたスマホという感じです。

    今まで変えなかったのは月1450円でPHS同士は通話料無料だったので嫁さんと通話するのによかったからです。
    これまでにバッテリーは1回交換したがそれでもかなりへたって来たし2年毎の契約更新がきたので本当のスマホに変更です。


    まず、動体通信事業者はmineo(マイネオ)にしました。
    今まで基本料金月1450円だったのでこれが目安でした。

    大手キャリアのサブブランドの UQモバイル と Y!mobile は通信速度が速いのが魅力ですが、これらは 1年目は格安SIMっぽい価格だが、2年目以降3000円位、3年目位で容量が半分になるもので長く使うと割高になる。 あり得ない。
    他にも料金のところに小さく1年間か2年間と書いてあるのには注意しましょう。

    結局、普通の格安SIMで無難な mineo にしました。平日12時台が非常に遅いもの。 通話付きプランでも縛りはなくいつでも解約できるのがポイントで格安SIM初心者には助かる。


    格安SIMは、平日12時台の速度を諦められるかが最大の難関です。
    あと、電車事故や災害時も混雑して遅いと思います。
    安さを最優先するなら諦めなければならないのでそうします。
    平日、東京西部、12時台の私の実測例で下記でした。
     down 260~670kbps up 140~960kbps ping 112~120ms
    お盆で全国的に休みの場合は平日12時台でも実測でdown 1Mbps程度でてほぼ問題なかった。

    アプリで通信する場合は仕方ないが、ブラウザで通信する場合は多少対策があります。 通信速度が遅くても速いブラウザを選ぶことです。
    Opera Miniが専用サーバーを経由して圧縮して通信し、データを最大で90%以上圧縮してくれるというもの。
    ただ、サーバーで時間を食うのか多少レスポンスが遅い気がする。

    ただ、ウエブサイトの圧縮を最大の「超高」にするとページのレイアウトが崩れる場合があるので「高」が無難。
    広告ブロッカー有効でうまく表示されないページがたまにある。
    画像を「低画質」にする。(低画質でもぱっと見は劣化が分かりません。)

    ネットではOpera(Mini)が 通信速度の遅い国では必須だという方もおられました。 Firefox、Chromeではプラグインを入れても上記3点全部はできません。


    低速モードは200kbps+75kBのバースト。
    低速モードでのスピードテストで私の実測例では東京西部 平日12:30位で
     down 260~390kbps up 170~320kbps ping 112~117ms
    低速モードとしては悪くはないが実際にネットを見ると糸電話並み?で使い物にならない。
    他社は3日で366MB前後の容量制限があるがmineoはない。(大丈夫かmineo)
    専用アプリで基本的に低速モードに切り替えておけばアプリのバックグラウンド通信で容量を食わないということ。

    インターネットラジオ radiko は実力128kbpsあればアプリにバッファあるので音切れなく無限に使えるようです。 実際使って見たが家では数十kbpsもあれば十分そうだった。ただ、電車等で移動しながらで通信が不安定だとピーク速度がもう少し必要でしょう。

    Skypeでも通話だけなら100kbpsあれば十分なので問題なさそう。(最低は30kbps)

    mineoは格安SIMでは珍しくメールアドレス(XXXXX@mineo.jp)が使えるのもポイント。

    一人当たり月50円だが家族割もある。
    同一住所でないもの、性が異なる家族でも割引される。


    容量的には、月の余り分を繰り越せる、家族間で融通ができる、フリータンクから月1GBもらえるとかでかなり融通が利く。

    1GBプランでは初月はサービスで1GB多く2GB使える。
    さらにマイネ王に登録してeoIDに連携すると容量プランによらず1GBもらえる。

    お勧めはしないが、パケットが余ったユーザーから、パケットをネットオークションで容量を割安で買うこともできる。
    パケットギフトの機能を使って金銭を払ってパケットを振り込んでもらうもの。
    mineoで追加容量(パケットチャージ 150円/100MB)を買うより安い。mineoは黙認している。

    平日の速度的に平日12時台は遅い格安SIMだが、容量的にはやり繰りが効くものです。
    そうは言っても通信出来てからのはなしですけど...

    契約はドコモプランのデュアルタイプ(データ+通話)の1GB、1500円にしました。 私は外出時、暇なときは文庫本を読むのでデータはそんなに使わない。
    auプランだと50円安いが、ドコモの方が通話エリアがやや広いと思ったのと、最近のmineoではauプランの方がよりやや遅いようです。(契約回線数の差?)
    ドコモの方がエリア的には特に山間部で広いのと、速度的には地方都市の郊外でもそこそこ速いらしい。 都市部限定ならばauでも良いでしょう。
    自宅では固定回線のハイパワーのWi-Fiルーターに繋ぎます。

    保険として外でフリーWi-Fiに繋ぐ「タウンWi-Fi」をインストールしておきました。 ただ、あくまで点(ルーターがあるポイント)でしか繋がらないので効果は微妙だと思います。 鉄道の駅だと混雑して使えないことがあるし。
    なお、フリーWi-Fiに繋ぐのは危険だが「タウンWi-Fi」にはWi-FiプロテクトというVPNで通信を保護する機能がある。
     大昔の「トンネルを掘る」と同じ機能ですね。
    それでもフリーWi-Fiとの通信ではパスワードが必要な重要な通信はしない方がやはりいいでしょう。
    災害時にフリーWi-Fiに繋げるメリットはあるかも知れません。

    通話は専用アプリ「mineoでんわ」使うと半額の10円(税込)/30秒になる。
    回線交換方式にするもの。実際通話したが音声品質は問題ない。
    実質、これが通話の基本。
    但し、緊急の110、119番等には電話できないので通常の電話を使う必要がある。

    問題なのは留守番電話ができないことくらいかな。
    mineoの有料サービスはありますがまず使わないので払うのが勿体ない。


    スマホは HUAWEI nova lite 2 にしました。 普通のスマホです。
    sumaho03.jpg  写真はメーカーのHPから
    あまり使わなくても3~4年でバッテリーがへたるのでスマホにコストを掛ける考えはなかった。 税込み 2.5万円位で非常にコスパが良いもの。
    対応バンド的にauは使えない。
    Android 8.0ベース。CPUは2.36GHzと1.7GHzのオクタコア。
    RAM 3GB ROM 32GB 143g

    画面
    5.65インチ 18:9TFT 2160*1080ピクセル
    設定→画面→画面の解像度 で1440*720ピクセルにすると省エネになる。
    実際使っているとスマホの暖かさが違う。 描画する計算量が減るので省エネになる。 ただ、細かい文字の見易さがかすかに下がるが殆ど問題にならないので低発熱を重視して私は低解像度で使っている。
    温度が低い方が電池寿命に良いこともある。

    幅的に右側面のボタンを押すのに、男性としては手が小さめな私でギリギリな感じなので、重さも含めて女性にはお勧めしません。
    女性でも短時間なら使えると思いますが長時間使うのはつらいと思います。

    このスマホは重いゲームをせず、アプリをバカみたくインストールしなければ十分なスペックです。 それでも写真や動画を保存するために一応32GBのmicro SD(SDスピードクラス10、UHSスピードクラス1の東芝製)を追加しました。

    ですが、スマホ(Android)の使い方が全然分らん。(泣) 原始人になった気分です。

    iPhoneは説明書見なくても分かるらしいですが、Androidは説明書やネットの記事を見てもよく分からない感じで取っつきにくいです。
    何せ同じ機種を使っている方の記事を参考にしても、システムの更新があってバージョンが異なると結構違っていて参考にならないことが多いのです。

    iPhoneはApple一社が作っているのに対して、Androidは多数の会社が作っているので統一感を持たせるのが不可能。

    Windows10でいうと毎月のWindows Updateのたびに「設定」や「コントロールパネル」が変わるようなもの。 これはHUAWEI固有なのかAndroidはそういうものなのか分かりませんが厄介です。

    あと、タッチが不安定。指先が乾いているのか荒れているのかキーの操作が安定しない。(年は取りたくないものです) 大きいボタンは良いのだが小さいのが困難でパスワードをミスりまくり。(泣)

    そんな訳でスマホのロック解除は指紋認証は無理なので顔認証にしました。
    顔パスで気分はいいのだが、基本暗い所や逆光でだめ。また、朝の起き掛けとか夜に酔っぱらっているときなど顔(目?)にしまりが無い時は誤認し易いような気がします。 光線の関係かな。

    えータッチのはなしはスマホ用のタッチペンを買った方が良さそう。100均にもあるし。
    そういえばPHSを解約するとき、Y!mobileでタブレットにタッチペンでサインさせられた。(導電繊維タイプ)
    タッチペンはタッチ(押す)だけでよいなら導電ゴムでも良いようだが、スワイプとか絵(線)を書くのだと滑り易さで導電繊維タイプがいいみたい。


    手帳型のスマホケース買ったのですが、スマホが小さくないのに手帳型のケースだとさらに大きくなって持ちにくいし側面のボタン押しにくくて地味に重い。
    結局、片手で握り切れず重くなってしまい、すごく落とし易そうになるので、おまけで付いている透明のプラケースを使っています。

    画面の保護フィルムは初めから付いていますが本当はゴリラガラスにしたい。

    こんな感じで悪銭苦闘中です。

    以上

    Friendship 7

    浅く広くのハード屋です。
    コメントへの返信には過大な期待をしないで下さい。 非公開コメントは停止しております。 不適切なコメントはFC2で自動的にはじかれます。
    リンクフリーですが盗作は禁止です。
    本ブログの内容を参考にされる場合はあくまで自己責任でお願い致します。